アンニュイな背中と薔薇

90年代生まれ、セックス欲が乏しいとの調査報告

セックスを教えてください

『体と心のセックス・ライフ』2005年5月分(Section-89〜92)

セックスを教えてください
セックスを教えてください

Section-89 『初恋の想い出(後編)』

初恋の想い出はどんな味?
苦い? それとも甘い?
夢の中で再会した彼女は、当時のままの姿だった。
遠い過去のことだが、鮮烈な記憶として今でも残っている。
彼女とのことは、人生の分岐点になった。
いろんな意味で。
もしかしたら?……と、想像してみても現実は変わらない。
それでも、あのときこうしていたら……と考えてしまう。
うぶな少年の恋は、うぶな恋になる。
それが、初恋――

オレの初恋ドキュメント、その後編。
あの初恋があって、今のオレがある。
それだけは確かなのだ。 続きを読む

性教育は必要だが…

『体と心のセックス・ライフ』2004年8月分(Section-53〜56)

性教育は必要だが…
性教育は必要だが…

Section-53 『大人のオモチャの使い方(男性編)』

Section-49『大人のオモチャの使い方(女性編)』に続く、その男性編。
大人のオモチャは、なぜか女性用のものが充実している。
女性用とはいえ、使うのは男性が主体だとは思うのだが、男性が自らに使うためのオモチャは、種類や機能面では、まだまだ十分ではない。

その理由として、ひとつは形状や技術的な問題がある。 続きを読む

初体験は……

『体と心のセックス・ライフ』2004年3月分(Section-33〜36)

初体験は……
初体験は……

Section-33 『Pスポットの開拓 Part-2』

Pスポットを未体験の女性には、ポルチオ性感は未知の快感だろう。
前号ではPスポットについての基本的なことについて書いた。
今号では、具体的にどういう風にしてPスポットを開拓して、大きな快感を得られるようになるのか、実体験を交えて解説していく。
ポルチオ性感がどうしてそれほどまでに大きな快感なのかは、医学的な根拠や説明は曖昧だ。クリトリスの快感のように、快感を得られる理由がはっきりしていない。
しかし、現にPスポットでオーガズムに達する身近な例が、私の目の前にいる。彼女たちは、その快感を最高だといい、強く欲してさえいる。私のセックスに対する好奇心を、彼女たちが自ら被験者となって、示してくれているのだ。
彼女たちは、いかにしてPスポットに目覚めたのか。
その過程を見ていけば、未体験の人にも参考になるのではないかと思う。
以下の本文は、Pスポット・セックスの実践編である。

(中略) 続きを読む