男性視点のバック…

女性が綺麗に見えるセックスの体位とは?

投稿日: カテゴリー: TOPICS
LINEで送る
Pocket

男性視点のバック…
男性視点のバック…

セックスのときに、女性が綺麗に見える体位を指南している記事。
まぁ、一理はあるのだが、綺麗な女性はどんな体位でも綺麗なんだけどね。

あなたはどう見られたい?セックスの体位で女性の印象はガラリと変わる|Grapps(グラップス)

女性はセックスの時、その内容で男性の愛情を診断することがあります。しかし男と女は違うもの…男性の場合はセックスの時、女性の気持ちどうこうではなく何より目の前にいる裸の女性に集中します。

だとしたら、女性としては少しでも綺麗に見られたいのが本音です。では男性に綺麗に見られるにはどうすればいいのか?…それはセックスの体位にこだわることです。

体よりも顔を綺麗に見られたい

スタイルではなく顔を綺麗に見せたい場合は、女性が上になる体位をしてはいけません。これは、人間の顔は視点的に下から見ると綺麗に映らなくなるからです。

(中略)

顔よりも体を綺麗に見られたい

顔ではなくスタイルを綺麗に見せたい場合は、バックスタイルがベストです。女性がスタイルで気にする部分はウエスト、お腹、胸が挙げられますが、バックではこれらの弱点を全てカバーできるのです。

(中略)

毛深いと感じさせたくない

もし毛深いことで悩んでいる女性がいたら、セックスの時はいわゆる正常位と呼ばれる男性が上になるオーソドッ クスな体位がおすすめです。女性のムダ毛で目立つのは腕と脚ですが、正常位なら男性が女性に覆いかぶさる体勢になるため、男性の目に脚が映ってしまうこと はありません。

顔は整形でもしないかぎり変えようがないが、体の方はある程度は鍛え方で変えられる。太りすぎや痩せすぎは、そもそも健康的ではないし、適度に筋肉がついている方が色気は増す。体位によっては、筋力が必要な場合があるので、スポーツやエクササイズなどで動ける体にしておくことは大切だ。

記事で取り上げている体位は、、バック、正常位の3つ。
これは、セックスの体位の基本でもある。

この記事で気になるのは、セックスのときの体位が1つだけと仮定している点。
つまり、セックスは1回だけと考えていることだ。
オレにいわせれば、「そんなの、ありえねぇ」だ(^_^)

彼女とラブホに行くとき。
いつも行くラブホは、フリータイムが午後7時までなので、朝10時にラブホに入ると、9時間の滞在になる。
※フリータイムとは、指定時刻まで何時間でも料金が変わらないサービス。地域によって、呼び方は異なる。

9時間、みっちりセックスをするわけだが、1回のセックス時間が30分〜1時間なので、回数にすれば10〜15回ほど。毎回同じ体位をするわけではなく、体位はいろいろと変える。挿入したままで体位を変えることもあるので、体位数は10体位以上。正常位だけとか、バックだけとかいうことはありえない。
ちなみに、9時間の間で、射精するのは3〜4回。毎回射精するわけじゃないんだ。

オレがセックスするときに見ているのは、彼女の表情。それと声。
快感のときの表情は、とても美しいし、声も素敵だ。
それは彼女の内面というか、飾らない素顔であり本心でもある。
彼女の美しさがもっとも際立つのが、オーガズムのときなんだ。

スタイルやむだ毛を気にするのなら、普段からケアしておくことだ。
うちの彼女たちは、スポーツジムで体を鍛えているから体は引き締まっているし、むだ毛(陰毛を含む)はレーザー脱毛して処理済み。それは普段のオシャレのためでもあるが、なによりセックスを考えてのことだ。

オレとのセックスは、何時間も続くから、体力と筋力が必要。それがないと、途中でバテてしまう。
また、体位もいろいろとするから、体の柔軟性や体勢を維持するための筋肉も必要になる。
長時間セックスは、スポーツと同等なんだ。

AD

騎乗位のときに、
人間の顔は視点的に下から見ると綺麗に映らなくなるからです
としているのだが、これは写真を撮るときの話。
瞬間をとらえる写真では、アングルによって見え方がずいぶん変わる。しかし、人間は一連の動作として連続的に見ている。
オレが騎乗位のときに見ているのは、彼女の顔そのものではなく、表情なんだ。刻々と変わる表情を見ることで、彼女がどれだけ快感で気持ちよくなっているのかがわかる。その表情が綺麗なんだ。

男性視点の騎乗位。美人は下から見ても美人だよ。
男性視点の騎乗位。美人は下から見ても美人だよ。

美人は、下から見上げても美人なんだけどね(^_^)
人間の目は、じつはけっこういい加減で、実際に見えているものを想像力で補正している。それを「印象」という。
好きな彼女のことは、実際以上に美人の印象にしてしまう。そこはカメラとは違うところ。

たとえば、街ですれ違った目を引く女性がいたとする。
見たのは一瞬だが、「あ、」と印象に残ると、かなり美化されて記憶に残る。リアルを見ているのではなく、願望がそこに介入するからだ。
彼女をカメラで撮ったとき、写真の中の彼女が、いつも見ている彼女とどこか違和感を感じることがないだろうか?
一瞬を切り取った写真の中には、普段接している彼女のイメージの断片しかないから、違和感を感じる。印象として記憶している彼女は、美化されているからだ。

このことを逆手にとって、写真として美しく撮ることで、実物よりも美しさを盛るのが、モデルやアイドルだ。写真は見せ方のトリックでもあるんだ。
だが、セックスのときは、そんな小細工は通用しない。
体位で誤魔化せるようなものでもない。

「正常位以外はだめ」
なんてことをいったら、彼氏には不評だろう。
どんな体位でも、美しさを引き出せるように、体は引き締め、むだ毛を処理し、いい表情でセックスできるようにした方がいい。

彼氏に好かれ、愛されること。
愛する人のことは、美化されるのだから。