巨乳はお好き?

日本人女性の豊胸化が進んでいる?

投稿日: カテゴリー: TOPICS
LINEで送る
Pocket

巨乳はお好き?
巨乳はお好き?

最近の日本女性は、豊胸化が進んでいるという記事。

下着メーカーのトリンプの販売実績による調査だが、Dカップ以上が過半数を超えているそうだ。
ただし、この調査データは「売れたブラジャーのサイズ別推移」ということであって、実際にバストを計測したわけではないということ。

全文表示 | 女性のバスト「過半数がDカップ以上」にネットざわつく 「公式見解」をトリンプに聞いてみた : J-CASTトレンド

  J-CASTトレンドで2017年6月13日に配信した記事「女性のバスト、過半数がDカップ以上、Eカップも3倍に トリンプ調査」をめぐり、インターネット上で侃々諤々(かんかんがくがく)の議論が起こっている。

(中略)

豊胸化が進む

トリンプは1980年以来、ブラジャーの販売実績をもとにした日本人女性のカップ数の推移を調査している。

調査当初は、Aカップが約6割と最多を占めており、A~Cカップが全体の9割以上と低カップの女性が大多数という結果だった。

ところが年々カップ数は大きくなっていく。2000年以降、A~Cカップは減少し、一方でDカップ以上の割合が急増していく。1990年ではDカップはわずか10.0%だったが、2015年には約2.5倍となる。Eカップも約3倍に増えた。

今回の調査でもその傾向は続き、Dカップ以上の割合(51.3%)が、A~Cカップの割合(48.7%)をはじめて上回った。

昔……10〜20年くらい前は、バストサイズに合わないブラを付けている人も多かった。本来のサイズよりも小さめのブラを選択することも多かったと、うちの彼女たちはいっている。

なぜ、小さいサイズを選んでしまうかというと、やや小さめのブラの方が、乳房を締めつけることになり、その締めつけ感に安心感があったのだという。ピタッとしている方が、いいように錯覚してしまう。

正しいプラサイズにすると、締めつけ感はやわらぎ、乳房を押さえるのではなく、包みこむ感覚になる。それが「ゆるい」と感じてしまうようだ。

Dカップというと、大きいようなイメージがあるが、じつのところ女性経験の乏しい男が妄想するほど巨乳感はない。
カップサイズは、乳房のトップと乳房と胸の境目となるアンダーの「胸囲の差」に基づいている。Dカップでは、その差が17.5㎝となるが、これは胸囲の差であって、乳房の大きさの差ではない。男は、ここで勘違いする。

バストを横から見た場合、アンダーから盛り上がっている乳房の高低差は、Dカップでは理想的には5㎝前後になる。
わかりやすくするために、女性のバストが正円として図解すると、以下のようになる。

▼トップとアンダーの仮想モデル(Dカップで、トップ=90㎝、アンダー=72.5㎝の場合)

トップとアンダーの高低差の仮想モデル
トップとアンダーの高低差の仮想モデル

これは仮想モデルなので高低差は5.8㎝程度となるが、実際には正円ではなく、筋肉や脂肪のつき具合によって、扁平な楕円かつ凸凹のある断面になる。計測の誤差も含めれば、5㎝前後というところだ。

AD

乳房の形は個体差があるし、前に迫り出しているだけでなく、横に広がっている場合もあり、カップサイズが乳房の高低差とは直結しない。カップサイズを測るときは、乳房を持ち上げるか、90度腰を曲げて乳房が重力に引かれた状態で測る。なぜかといえば、ブラで乳房を持ち上げ、寄せることになるからだ。

そのため、ブラを外して、上体を起こした姿勢では、乳房の高低差は理論値よりも低くなる。つまり、高低差(乳房の厚み)は、5㎝未満になると考えていい。だから、Dカップだからといって見た目の巨乳感は感じない。

オレ的には、「」はEカップ以上だと思う。
乳房の容積が巨乳かどうかを左右するので、トップとアンダーの差が20㎝になるEカップであれば、Dカップに比べて容積は約20%増しになる。20%というと少ないように感じるが、約1.2倍だから、見た目のインパクトは大きい。

巨乳好きの男は多いし、乳房が小さいことをコンプレックスに感じている女性も多い。

乳房は大きい方がいいのか?

という問いに対しては、YESではある。
乳房は女性のセックスアピールであり、魅力を引き立てる役割も果たす。巨乳であることは、性的な魅力と能力が優位であるという表現にもなっている。これは、動物が異性に対して優位性を示す表現に通じる。

動物は、メスよりもオスの方が見た目で優位性をアピールすることが多い。ある種の鳥は、派手な色彩や誇張された体の部位で、メスを誘う。人間の場合は、女性が外見を飾り、肉体的な色気で男を引きつけようとするので、動物とは逆だったりする。乳房は、男へのアピールの重要な要素だといえる。

では、男の場合、巨根の方がいいのか?

という問いに対しても、YESではある。
裸にならない限り、ペニスの大きさはわからないが、セックスではペニスサイズによって、女性が感じる快感度は変わる。男性経験が豊富な女性ほど、巨根の方がいいという傾向にある。ひとりの男しか知らない女性は、他の男と比べようがないから、ペニスサイズによってセックスの感じ方が変わることを知らない。しかも、勃起しているときでないと、本当の大きさはわからない。女性はペニスサイズには興味がない……と、いわれることもあるが、それは比較対象となる経験が乏しいからでもある。

乳房は、裸にならなくても、衣服の上から大きさは想像できるし、水着になれば明確にわかる。グラビアで水着になったりヌードになったする女性タレントは多いから、男は多くの女性の乳房を比較できる機会が多い。ある意味、男は乳房を見る目が肥えているともいえる。だから、「このくらいの乳房が好き」とか「巨乳の方がいい」とイメージできる。

日本人女性の豊胸化が、食生活の欧米化の影響というのは、一因ではあるがすべてではないだろう。
女性が強くなったといわれる昨今。恋愛やセックスに対して、積極的になったことで、セックスアピールとしての豊胸が有利だという環境も、遠因としてあるように思う。

オレは巨乳好きではあるが、乳房で一番重要なのは、大きさではなく「感度」なんだ。

性感帯でもある乳房が、感じやすい女性ほど、愛撫やセックスをしていて、男としての満足感が高まる。
豊胸化と同時に、性感帯としての乳房の感度も磨いてほしいと思う。