露茎がいい?

包茎に悩む男たち

投稿日: カテゴリー: TOPICS
LINEで送る
Pocket

露茎がいい?
露茎がいい?

「包茎に関する新常識」という記事なのだが……

ここでいう「包茎」は、「露茎」以外を包茎と総称しているので、包茎の程度は軽度から重度まで含まれている。
日本人男性の3人に2人は包茎だといわれるが、包茎のメリット・デメリットについては、専門家の間でも意見が割れている。

包茎の是非はともかく、気にしている、悩んでいる、コンプレックスを感じている男性が多いことは事実。
なぜ悩むかといえば、包皮を被っていない「露茎」が理想型とされているからだ。
理想とされるのには理由がある。

包茎はカッコ悪くない!おちんちんの新しい常識 BuzzFeed Japan

泌尿器科医の岩室紳也さんは、そもそも男性の多くが「包茎はダメ」と考える原因について、次のように話した。

「女性に『包茎とむけちん、どちらがいいですか?』と聞いても、女性は困るんですよ。なぜならそんなことに興味はないからです。ところが男性たちはなぜか、むけたほうがいいと思っている。ネットで『包茎』を検索すると、そうした情報がたくさん出てくるからでしょう」
男性は広告やネット上の情報のせいでそう思い込んでいるだけだという。

(中略)

【賛成派】
性器専門クリニック・本田ヒルズタワークリニックの本田昌毅医師は、仮性包茎の治療手術に対して肯定的な意見を示す。
「(真性包茎はもちろん)仮性包茎の治療も必要と言えます。露茎(いわゆる『むけちん』)のおちんちんにくらべ、包皮の中に高温多湿な環境がうまれるの で、ウイルスやバクテリアの温床になりやすいんです。セックスの際に包皮の粘膜からヒトパピローマウイルスに感染して、子宮頸がんの原因になるという研究 結果もあります」

「また、老後に介護を受ける際のエチケットなどを考えても、仮性包茎を治すことにはメリットしかありません」

【反対派】
泌尿器科医の石川英二さんは、「病気」ではない仮性包茎の積極的治療が不要であるという姿勢だ。

著書『切ってはいけません!―日本人が知らない包茎の真実』の中で、かつて欧米で礼賛された割礼(幼少期の包皮切除)のメリットの乏しさについて言及している。

また、「包茎治療がセックスの質を向上させる」という宣伝文句に矛盾する調査結果も示している。

本田医師が指摘したヒトパピローマウイルスのリスクについて聞くと「人種や宗教などの文化面などで異なる」ため立証は難しいと話した。

(中略)

「仮性包茎よりもむけちんがいい」という価値観はもう古いのかもしれない。

オレはかつて包茎だったが、自力で矯正して露茎にした(^_^)。
だから、包茎の悩みは理解できる。
その経験からいえば、露茎である方がセックスをする上でもメリットの方が多い。

記事中に……

女性に『包茎とむけちん、どちらがいいですか?』と聞いても、女性は困るんですよ。なぜならそんなことに興味はないからです

……とあるが、この質問を投げかける女性の男性経験の程度によって、返答は大きく変わる。

セックス経験がひとりの彼だけの女性であれば、彼のペニスしか知らないわけで、どっちがいいかの比較対象がない。その彼が包茎であれば、ペニスのイメージは包茎になり、露茎であればそのイメージになる。
初めての男性経験の相手によって、ペニスのイメージはある程度固まるだろう。

女性がAVを見ることは少ないだろうから、経験した男性の数によって、見たことのあるペニスは限られ、好きなペニスも違ってくる。もっとも、彼のペニスをどれだけ観察しているかにもよるが。

ペニスは十人十色、長さ、太さ、色味、形など人それぞれだし、包茎か露茎か、包茎でも余っている包皮の多少は違う。顔、身長、体重、体格などが、みな違っているように、ペニスも個性がある。

AD

質問を向ける女性の男性経験が10人以上だったら、「どっちがいいか?」の質問は、比較対象が10本以上のペニスとなるから有効な答となるだろう。
その前提をクリアしていない調査対象では、質問と答の相関関係を立証したことにはならない。

この場合、「興味がない」のではなく「どちらかを選べるほど多くのペニスを知らない」というのが適切だろう。

男性経験が豊富な女性、セックスが大好きな女性は、ペニスのことをよく見ているし、サイズの違うペニスでセックスの快感がどう変わるかも知っている。そういう女性は、好みのペニスというのもある。

顔がイケメンの男がいるように、ペニスがイケメンの男もいるんだ。

包茎のまま成人するかどうかは、ペニスサイズが左右する。

包茎の話題のときに、ほとんど触れられないことがある。
それは、ペニスサイズの問題だ。

思春期前の子供のときは、ほとんどの男子が包茎だ。勃起するようになる以前なので、ペニスは3〜5cm程度であり、包皮はペニスを保護するために余っている。

それが思春期の第二次性徴期になると、ペニスは成長し、勃起するようになる。小さかったものが、数年で大きくなる。
ペニスがどのくらい成長するか?
日本人の平均サイズは、勃起時で14cm前後なので、このくらいのサイズだと包茎の余分の皮は、亀頭(カリ)を露出しなくても勃起するのに支障がない。つまり、露茎にする必然性がないんだ。3人に2人が包茎なのは、ペニスサイズが小さいこととも関係していると思われる。

オレの場合、高校生の頃には長さが17cm超、太さが4.5cmくらいまで大きくなったのだが、大きくなるにつれて包茎であることが辛くなった。勃起したときに、カリを露出できるほど包皮の口が広くなく、カリが締めつけられ、包皮が引き伸ばされて痛くなったのだ。余っている包皮が少なかったためだ。

オナニーはしたいが、勃起すると包皮が引っかかって痛い。
じゃあどうするか?……と考えたとき、カリを露出するしかない。それでカリを露出できるように、日々トレーニングした。
勃起する前にカリを露出させ、ゴシゴシしごいて勃起させると、カリを露出したままの勃起になる。
最初は痛かった。
だが、毎日のように露茎トレーニングをしているうちに、少しずつ慣れてきて、包皮の口が広がり、やがて楽に露茎で勃起できるようになった。

露茎にしてからは、勃起しても痛くないし、オナニーもやりやすくなった。
過敏だったカリは触るだけでも痛かったのだが、露茎にしてからオナニーすることによって、徐々に刺激に対して抵抗力がつき、指でパチンッと弾いても痛くなくなるまでになった。

そのお陰で、セックス初体験のときに、過敏な早漏にならずに済んだ。早漏は過敏すぎるペニスが一因だからだ。
また、露茎はコンドームを装着しやすい。包茎だと皮が邪魔して被せるのに苦労するが、露茎になっていればコンドームの障害となる皮がないので、ツルンと被せられる。この差は大きい。

別のメリットもあった。それはオシッコをするときに、あらぬ方向に尿が飛ばなくなったことだ。包皮があると、それによって尿の飛ぶ方向が変わってしまい、ときにズボンに飛び散ったりする。露茎になると、邪魔な包皮がないから、尿道口からストレートに尿が出てくるので、目標を定めやすくなる。

フェラは露茎の方がいい。

女性がフェラをするとき、断然、露茎がいい……と、オレとセックスをする彼女たちはいっている。
包茎を相手にしたことのある奈緒子は、包茎のペニスはフェラをするときの“食感”がよくなかったという。包皮が邪魔して、カリを舐められず、ゴワゴワの包皮の舌触りに違和感を感じたようだ。

若かりし頃の彼女が最初にフェラしたのは、オレのペニスだったので、ペニスはオレが基準だった。オレ以外の男のペニスに接して、包茎を知ったそうだ。
露茎であれば、カリはツルツルなので舌触りはいい。加えて、カウパー腺液のヌルヌルが食感をよくする。

彼女いわく。
「包茎と露茎は、フェラではぜんぜん別物。露茎の方が好きよ」

フェラ好きの女性は、ペニスを間近に観察するし、触って、舐めて、食べて、ペニスを知り尽くしている。彼女たちは、フェラを強制されているわけではなく、自らも楽しむためにフェラをする。そんな彼女たちが好きなペニスは露茎なのだ。

ペニスはバナナに例えられることが多いが、それに習うなら、包茎は皮をむいていないバナナで、露茎は皮をむいたバナナだ。皮のままのバナナは食べても美味しくない。バナナは皮をむいて食べるものだ。フェラをする女性にとっても、露茎の方が美味しいということだ。

※「奈緒子って誰よ?」という方は多いだろうが、説明は省略。詳しくは、メルマガ『体と心のセックス・ライフ』をご覧あれ(^_^)。

露茎のカリ首が、膣口に引っかかるのが快感になる。

包茎か露茎かの違いは、セックステクニックにも影響してくる。

包茎の場合、カリは包皮で保護されているため、過敏であることが多い。過敏だと、ちょっとした刺激で感じてしまうので、早漏になってしまう。結果、挿入してすぐに射精することになる。
あっけなくセックスは終わってしまうため、女性はオーガズムに達するどころか、「え? もう終わり?」と不満しか残らない。

短時間で終わってしまうセックスに不満を持つ女性は多い。
「もっと感じたいのに、彼がすぐに果ててしまう」
「いつも早く終わってしまって、オーガズムを感じたことがない」
「入れて出して、はい終わりでむなしい」
そういう女性の悩み相談が、オレのところにもちょくちょく来ていた。

また、過敏すぎるペニスのために、男性がセックスで痛みを感じることもある。
仮性包茎だと、勃起時はカリが若干露出できるが、露出に慣れていなくて刺激に対して耐性がない。セックスでは、膣口や膣内でペニスはもみくちゃになり、グリグリ〜ゴリゴリとこすられることになる。それが快感になるのだが、過度に過敏だと摩擦が痛みになってしまう。
男が性行痛を感じるのは、包茎ならではの症状だ。

露茎の場合は、包茎のような障害がない。
露茎でも早漏の男はいるが、セックス経験が乏しかったり、射精欲求が強すぎたりすることが一因のようだ。露茎のカリは、ある程度の刺激に対して耐性ができているはずなので、鍛え方しだいで早漏は解消できる。即効性の方法としては、カリの感度を鈍らせるリドスプレーなどを使う手もある。

セックス好きの女性の意見を聞くと……
「カリ首が、引っかかるのがいい」
……という。

カリ首とは、ペニスの竿とカリ(亀頭)との境目の段差だ。
図解は、「男性の体について」を参照。
段差の程度を「カリ高」というが、このカリ高が高く、段差がくっきりとしていると、セックスでのピストン運動で膣口や膣内のひだを「引っかく」ことになり、この刺激に女性は快感を感じる。

包茎だと、このカリ首を包皮が覆っているため、なめらかなカーブとなり、引っかかりがなくなる。抵抗感がないため、女性は快感度の低いセックスに感じてしまうのだ。

露茎のオレは、カリ首の引っかかりを意識的に使ってピストン運動をする。そうすると、彼女の感じ方が格段によくなるんだ。これをするためには露茎であることが必須になる。

子作りのためのセックスで、とりあえず挿入して射精すればいい……というのであれば、包茎でも役目は果たせる。
しかし、セックスで女性の楽しませ、オーガズムに昇れるようにするためには、露茎の方が有利であるとはいえる。

可能であれば、包茎は露茎にした方がいい。

包茎よりも露茎の利点の方が多いのは事実。
オレは両方を知っているから断言できる。

セックスでは、露茎の方が絶対いい!

だから、可能ならば包茎は解消した方がいい。
ただし、記事中にもあるが、包茎手術はトラブルも少なくない。ヤブ医者が多いからだが、手術をするのなら技術と信頼性のある医師に診てもらうことだ。

また、露茎にしてからしばらくは、カリは強い刺激にさらされるため、パンツと擦れるだけでも痛みを感じたりする。慣れるのには、数か月〜1年くらいはかかることを覚悟しておくことだ。

晴れて露茎でも平気になったら、セックスは新しい次元に突入できる準備が整う。
オレがそうであったように(^_^)。