前側位(俯瞰)

セックスの体位『側位系』

投稿日: カテゴリー: セックスの体位, 体位のいろいろ, 側位系
LINEで送る
Pocket

『側位系』

側位系とは、男女がともに横向きに寝た姿勢、あるいはおもに女性が横向きに寝た姿勢で行う体位。
比較的マイナーな体位で、あまりすることがない体位ともなっている。
しかし、激しいセックスばかり続けていても体力がもたないので、中継ぎやまったりとつながる体位として重宝する体位でもある。

おだやかな動きとなる体位ではあるが、普段あまりしない体位として、セックスに変化をつけるのに良い。
また、体位によっては、女性の柔軟性が求められるものもあるので、ストレッチ的なセックスとしても有効だ。


■前側位

〔ぜんそくい〕

 

互いに向きあって横向きで結合する体位。男女ともに体を重ねないので無理のない体位である。
ただ、挿入するときに、やや挿入しずらいこともある。挿入するときには、女性が片足(横になったときの上側になる足)を持ちあげると、挿入しやすくなる。結合したら足を下ろせばよい。
体力を使わない反面、密着度も低いので、前戯や後戯、中継ぎとして行うのに適した体位でもある。

前側位(俯瞰)
▲前側位(俯瞰)

やさしく抱きしめあって、静かにつながる体位。

前側位(背面側)
▲前側位(背面側)

一休みする間もつながっていられる。

 

●片足上げ前側位

〔かたあしあげぜんそくい〕

 

前側位から、女性の片足を上げる体位。片足を上げることで股が開くので、ペニスを挿入しやすくなる。
また、男の片足を女性の開いた股の間に入れて絡めることで、より攻めやすくなる。

片足上げ前側位(俯瞰)
▲片足上げ前側位(俯瞰)

男は横向きに腰を振るが、あまり大きな振幅では振れない。

片足上げ前側位(背面側)
▲片足上げ前側位(背面側)

攻め方次第では激しい攻めも可能。女性の股を大きく開いた方が攻めやすいので、柔軟性が求められる。


■後側位

〔こうそくい〕

 

前側位のバックスタイルとしての体位。前側位よりも挿入はしやすいが、結合度は低い。お尻側からの挿入となり、ペニスサイズが短いと膣口まで届かない場合もある。
女性の背後からの密着となるため、女性が体を「く」の字に曲げていても挿入できる利点がある。
また、男性が背後から女性の乳房を手で愛撫したりもできるので、受け身の女性としては快感を得やすい。下腹部に負担が少ないので、妊婦に適している体位でもある。

後側位(正面側)
▲後側位(正面側)

やさしく寄りそうセックスになる。

後側位(俯瞰)
▲後側位(俯瞰)

女性はやや膝を曲げ「く」の字になると、男は挿入がしやすくなる。

 

●片足上げ後側位

〔かたあしあげこうそくい〕

 

後側位から、女性の片足を男が持ち上げる体位。
こうすることで挿入がしやすくなり、動きやすくもなる。

AD
片足上げ後側位(正面側)
▲片足上げ後側位(正面側)

どれだけ足を上げられるかは、女性の柔軟性しだい。

片足上げ後側位(側面側)
▲片足上げ後側位(側面側)

片足を上げることで彼女の股が開くため、男は攻めやすくなる。

 

●段差後側位

〔だんさこうそくい〕

 

ベッドの段差を利用して、女性はベッドの上で横になり、男は片足を床に着き、もう片足はベッドに膝を着く。男はこの体勢であれば、アクティブに動くことが可能になる。おだやかなセックスとなる側位の中では、もっとも激しいセックスが可能となる体位だ。
バック挿入なので後側位としているが、バックはバックでも90度横向きの挿入になる。

段差後側位
▲段差後側位
段差後側位(背面側)
▲段差後側位(背面側)

ベッドあればこその体位なので、場所を選ぶ体位でもある。そのベッドも、ある程度の高さが必要で、低すぎるベッドではこの体位はやりにくい。

段差後側位(正面側)
▲段差後側位(正面側)
段差後側位(片足上げスタイル)
▲段差後側位(片足上げスタイル)

片足を上げることで、より激しい攻めができる。


■股挟み側位

〔またばさみそくい〕

 

女性が横に寝て、男は彼女の片足を抱えこんで股に挟み、座位になる体位。
前側位でもなく後側位でもない変則的な側位で、ペニスの挿入角度が90度横向きになる。

交差側位(正面側)
▲股挟み側位(正面側)

女性の股関節が柔軟でないと、ここまで足を上げられない。

交差側位(側面側)
▲股挟み側位(側面側)

乳揉みを加えるのも効果的。


■交差側位

〔こうさそくい〕

 

男女が頭を逆方向に向け、互いの股をかみ合わせる体位。股を交差させるために、横向きになる必要があるので側位に分類した。
男は小刻みに股間を振るか、ペニス振りができるのであれば、膣内でペニスを動かす。あまり体を動かせない体位なので、結合感を味わう。

交差側位(女性側)
▲交差側位(女性側)

ペニスの挿入角度がねじるような感覚なので、挿入感が変わる。

交差側位(男性側)
▲交差側位(男性側)

ペニスは下向きにグイッと曲げられるため、膣内の反発力が強くなる。