69

『体と心のセックス・ライフ』2014年8月分(Section-533〜536)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-533『ゴールデンウイークはホテルで(14)春海』

69

春海は騎乗位で駆ける。
ベッドのクッションの力を借りているとはいえ、落差のある屈伸をするのは体力を消耗する。無駄のない動きをする彼女でも、息が上がり、疲労は蓄積する。
「はぁー、はぁー、あぁーーん! もうダメ!」
彼女は息を切らせて動きを止める。
どっしりとオレの上に座り、肩で息をする。
「休んで。夜は長いんだから」
オレはいった。
「そうなんだけど、わたし、徹夜はできないと思うから、ちょっとがんばりたいの」
うちでみんなとセックスしているときも、深夜になると春海は最初に眠ってしまうことが多い。あまり夜更かしができないタイプなのだ。

「あ、そうだ。弁当買ってきたのに、食ってなかった。食べようよ」
オレは思い出していった。
「そうだった! 忘れてた。急にお腹減った〜」
彼女はお腹をさする。
「じゃ、降りて」
「ええ〜、降りたくないなー。乗って食べてもいい?」
「いいけど。取ってこなきゃいけないんだから、降りなきゃ」
「待ってて。わたしが取ってくる」
彼女は素早くオレから降りると、テーブルに置いていたコンビニの袋を持ってベッドに戻ってくる。
そして、すぐに騎乗位で合体し直す。
オレは上体を少し起こすために、背中の下に枕を2つ重ねて置く。
彼女は鶏照焼弁当、オレはロースカツ重だ。
「いただきま〜す」
彼女はそういって食べ始める。
騎乗位でセックスをしながらだが、これはよくやること。
オレも食べて、空腹を満たす。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-534『ゴールデンウイークはホテルで(15)春海』

69を続けるが、オレの舌が限界になる。舌を出してヴァギナを舐めていると、舌の根本が痛くなってしまうのだ。
「ごめん春海、もう限界」
彼女はフェラを中断する。
「うん、いいよ。休んでて。わたし、まだ食べたいから」
「すまん、頼む」
彼女は再びペニスを頬張る。

オレの舌はくたびれてクンニはできなくなったが、彼女を感じさせる方法はある。
それは、指だ。
オレの顔の両側には、彼女の太ももがある。その太ももの下から、右手をくぐらせてヴァギナのある股間まで伸ばす。
指がヴァギナに届いたら、人差し指と中指で愛液で潤った割れ目をなぞる。
「んんん!」
彼女が呻く。
陰唇の割れ目から、膣口の入口を見つけて、指を差し入れる。
「んんっ!!」
彼女の反応は上々。
指技なら、彼女のフェラにも負けない自信がある。
オレは、人差し指、中指、薬指と、3本の指を膣に入れて、彼女を悶えさせる。
「んんーーー! んんっ!んんんっ! んんーーーー!!」
彼女は強い刺激に、体をよじりながら呻く。
フェラは口に入れているだけで、動きは止まっていた。指技で感じることに忙しくなってしまったからだ。
オレは、シコシコと指の出し入れと屈伸を続ける。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-535『ゴールデンウイークはホテルで(16)涼子』

5月4日の日曜日。
ホテルで過ごす最終日は、涼子と出かけた。
昼組の拓己と由貴が帰宅して、みんなで晩飯を食べたあと、少し早めの夜9時に家を出て、新宿に向かう。
彼女が行きたいといったホテルは、ラブホテル専門というわけではなく、普通のホテルとしても営業しているため、空き室がないことの多いホテルだった。予約は宿泊の場合のみということで、彼女が予約していた。
アジアンテイストのアンティークな雰囲気が売りだという。

部屋に入って驚いたのは、キングサイズよりも大きいのではないかと思われる、アンティーク調のベッドが部屋の真ん中に、ドンッとあることだった。全体的にクラシックな雰囲気で、木の香りがしていて、壁のカーテンのドレープがやさしさを演出していた。壁には大きな鏡もあって、部屋を広く見せていた。
バスルームも広く、バスタブは円形で、4〜5人は一緒に入れるくらいの大きさだ。うちにもこんなバスルームがあるといいと思った。みんなで一緒に風呂には入れたら、どんなに楽しいことか。

部屋をひととおり見分すると、涼子は服を脱ぎ始める。気が早いというか、待ちきれないのだろう。
昨晩は春海とホテルに泊まったが、帰宅後、オレは夕方まで爆睡してしまった。オレが眠っているときに、涼子、奈緒子、ナナがオレのペニスで遊んでいたのは、ときどきうっすらと目が覚めて気がついていた。しかし、眠気が勝って、ちゃんと相手をできなかった。
ペニスは意識がなくても、刺激を与えれば勃起する。彼女たちは、フェラや騎乗位をしていたようなのだが、オレが眠っていても、ペニスは彼女たちのために目覚めていたわけだ。

●さらに詳しいことは購読してね

AD

Section-536『ゴールデンウイークはホテルで(17)涼子』

涼子は、引き手アナルバックで喘ぎ、悶え、絶叫する。
いつもは物静かな彼女だが、セックスのときは人が変わる。

出会った頃の彼女は、地味で引っ込み思案で目立たない女性だった。だが、オレの目には、彼女の隠された魅力が見えていた。化粧っ気がなく服装も地味だったが、顔立ちはいいし、服の下に隠された体のスタイルは悪くなかった。
彼女は、女としての自分の魅力を表現する術を知らないのか、表に出すことを避けているのだろうと思った。自分に自信が持てず、コンプレックスがそうさせていた。蝶はサナギから羽化して、綺麗な蝶に変身するが、彼女はサナギから羽化できずにいた。

オレは羽化する手助けをしたわけだが、オレの目に狂いはなかった。
羽化した彼女は、素晴らしい蝶になった。
街を彼女と一緒に歩いていると、彼女は際だって目立つ。化粧やファッションセンスがいいというのもあるが、歩き方などの所作が美しいのだ。堂々として、自信に満ちあふれていて、生き生きしている。オレが注意したこともあるが、彼女自身が心がけているからでもある。彼女は努力家でもあるのだ。

セックスは、基本的に誰でもできる。ただし、肉体的、精神的なハンデのためにできない場合もあるから、「基本的に」という注釈付きだ。
誰にでもできるから、特別な才能や努力は必要ないかというと、そうでもない。
たとえば、誰でも走ることはできるが、速い人と遅い人がいる。誰でも絵を描くことはできるが、上手い人と下手な人がいる。
その違いは、才能と努力の差によって生じる。
セックスも同様だ。
ヴァギナとペニスを結合すればセックスではあるが、それだけで素晴らしいセックスになるわけでもない。男と女が互いに満足できて、中身の濃いセックスをするためには、男女双方が真摯にセックスと向きあう必要がある。
そのためには、才能と努力、特に努力が欠かせない。セックスが上手になるには、セックスに関する知識を学び、テクニックを磨く努力をする。
オレ自身も、知識とテクニックを身につけるために努力してきた。
涼子は初体験がかなり遅くなってしまった分、貪欲に猛勉強し猛努力した。その結果、彼女のセックスの才能が開花した。オレは彼女の成長を見守ってきたから、目を見張るものがあった。

●さらに詳しいことは購読してね