膝立ち対面立位

『体と心のセックス・ライフ』2014年3月分(Section-513〜516)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-513『体位別攻略法〈屈曲位のいろいろ〉Act.16』

前号に引き続いて、屈曲位のバリエーションを紹介していこう。
難易度は高くなっていくが、こういう体位もあるんだということ、こういう体位ができるようになると、セックスがより面白くなるんだ。

■折りたたみ屈曲位
足を胸元で組み、折りたたむようにするのが「折りたたみ屈曲位」だ。
一見、簡単そうに見えるが、意外と難しい。
いかにコンパクトに足を折りたためるかがポイントで、関節が柔軟でないと綺麗に折りたためない。
折りたたんだ足が、股間を接する男の邪魔にならないようにしないと、挿入ができない。胸元にピッタリと両足を着けられるくらい屈曲させる必要がある。やってみるとわかるが、これはこれで難易度が高い。

折りたたみ屈曲位は、形の美しさや体の柔軟性を表現する体位だといえる。この体位にしたからといって、快感度が特に変わるわけではない。
フィギュアスケートのスピンに、膝を抱えて、体を丸めるような形があるが、あれと似ている。難度の高い体位をすることに意義がある。
この体位を単独でするのではなく、体位変化の流れ中に組み込んでいく。
体操やフィギュアスケートでは、種類の違うジャンプやステップを組み合わせ、次々と展開していく。その難度や美しさを競うスポーツだ。そういう感覚でするセックスが、スポーツ・セックスだ。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-514『体位別攻略法〈スタイリッシュな体位〉Act.17』

膝立ち対面立位
▲膝立ち対面立位

体位には、いろいろな種類がある。
日本の古典的な48手では48種類だが、細かく分類していくと100種類以上の体位がある。それらの体位には、フェラ&クンニやアナルの体位も含める。
オレたちは、そのほとんどの体位にチャレンジしている。
体位のバリエーションが増えるということは、セックスの楽しみ方が増えるということだ。
好きな体位、得意な体位があるから、頻度の多い体位はある。それでも、1日中セックスのできる週末には、体位を次々に変えるから、少なくとも30〜40体位くらいはしていると思う。
そんな体位の中から、見た目にも美しいスタイリッシュだと思う体位を紹介しよう。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-515『体位別攻略法〈スタイリッシュな体位〉Act.18』

簡単な体位から、難しい体位まで、セックスの体位には様々なバリエーションがある。
そんな中から、普段、あまりすることがないだろう体位をピックアップしていこう。
できることなら、カップルでこの記事を読んでみて、この体位にチャレンジしてみようという気になってくれるとうれしい。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-516『体位別攻略法〈続・エッチ談義〉Act.19』

【トオル】—————
前のエッチ談義以降に取り上げた体位について話を進めていこう。
リストアップすると……

・テーブル座位
・片足上げ立位
・駅弁
・対面座位

・腰吊り位
・逆正常位
・逆女性上位
(基本形)
・両足ぞろえ屈曲位
・開脚屈曲位
・頭足合わせ屈曲位
・折りたたみ屈曲位
・横接屈曲位
・腰高屈曲位
・反転屈曲位
・エビぞり屈曲位
・開脚腰高位
・膝立ち対面位
・腰乗り位
・腰乗り背面位
・ブリッジ騎乗位
・両頭交錯位
・重ね背面位
・揺りかご座位
・逆立ち位
・逆さ座位

AD

これで27体位か。これでもほんの一部だからね(^^)。

●さらに詳しいことは購読してね