フェラリレー

『体と心のセックス・ライフ』2013年4月分(Section-469〜472)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-469『冬休みは自宅でエッチキャンプ(12)』

今回の連載は、今までにない長期連載になっている。
これでもずいぶん端折っているのだが、書くことがたくさんある。というか、書いておきたいことがたくさんある。
オレが彼女たちのことを書くのは、記憶として明確に留めておきたいからだ。どんなに記憶力がよくても、時間の経過とともに記憶は曖昧になっていく。穴の空いたバケツで水をすくうようなもので、水は漏れていく。
すべてを書き留められないにしても、重要なところは書いておきたい。
エッチキャンプから、もう3ヶ月が経とうとしている。
メモを頼りに書き起こすのも、難しくなっていく。
大切な時間、大切な記憶なのに、人は忘れていく。
失われていく思い出を、少しでも残しておきたい。このドキュメントには、そんなオレたちの気持ちが込められているんだ。

■エッチキャンプ5日目、1月2日
元日の夜は、深夜3時過ぎまでみんなで愛しあった。
彼女たちは激しく、オレと拓己も激しかった。
何度も射精した。
ざっと勘定して、1日で8回くらい。拓己は10回以上だったと思う。
射精と射精の間に、1〜2時間くらいの間はあるが、それでもこれだけ立て続けに射精すると、5〜6回目以降は痙攣するだけで精液はほとんど出なくなる。
精液が出ない射精というのは、じつはけっこうツライ。ペニスは精液を出そうとするものの、出すものがない。精液のポンプが空回りしているようなもので、出るものが出ないとちょっと痛く感じてしまう。
さすがに酷使しすぎたようだ。
ペニスには十分な休息が必要だと思った。
明日はソフトに愛しあおうということにして、眠りについた。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-470『冬休みは自宅でエッチキャンプ(13)』

奈緒子はオレを射精させるために、口に入れたベニスを深く出し入れしながら、握った手でペニスの根本を強くしごく。
射精直前感は、打ち寄せる波のように高まっていく。
小さな波から、大きな波へ。
オレの心拍数は上がり、呼吸も荒くなる。
「ああっ! いいよ! そう! そおぅ! もっと強く!」
オレは渇望する。
今にも射精しそうでまだイけないときが、男にとってもっとも快感な瞬間だ。

そして、唐突に射精する。
「あぁーー!!」
強い痙攣とともに、緊張感がはじけ飛び、満足感と解放感に満たされる。
フェラでの射精は、セックスでの射精とはかなり違う。
過程としては同じだが、感じ方が違うのだ。
口と膣との違いでもあるが、膣の場合には射精後は刺激が途切れ、ペニスは一仕事終えて終息していく。
口の場合には、刺激は継続する。彼女が頬張っている限り、まだ終わりではない。口の中では舌が動き続け、精液を舐めとっている。それがカリへの刺激となり、ペニスは終息することなく感じ続ける。
フェラでの射精は、ピークではあるが、終わりではない。彼女が続けられる限り、フェラは続く。快感も途切れることなく続く。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-471『冬休みは自宅でエッチキャンプ(14)』

フェラリレー
フェラリレー

エッチキャンプ6日目、1月3日は、フェラの1日になった。
オレと拓己は、筋肉疲労の体を休め、布団やソファに寝そべって彼女たちにフェラしてもらった。
彼女たちは交代で、オレたちの相手をしてくれた。
女性ひとりで1日中フェラをすることは無理だが、5人で交代だからできることだ。
ひとりあたり、一度に30分くらいずつだから、オレと拓己に2人がついていれば、3人は休める。30分〜1時間おきにフェラをすればいいから、彼女たちは楽なのだという。
オレと拓己にとっては、ずっとフェラされているわけで、これほど快感で幸せなことはない。

フェラで射精してしまうと、やはり体力を消耗してしまうので、彼女たちはなるべく射精させないようにやさしいフェラをしてくれた。
それでもいつかは射精してしまうのが男だが、その頻度は少なかった。
オレが3回、拓己は5回、射精までいたった。
1日中フェラで、これは少ない方だ。
おかげで、オレも拓己も疲労回復ができた。

その夜の最後は、奈緒子だった。
深夜も2時を回り、ほかのみんなは眠りについていた。
「そろそろわたしたちも寝る?」
彼女はペニスを握っていった。
「眠い? 疲れた?」
オレは聞いた。
「そうでもないけど」
「ラスト1回してから寝ようか」
「ええ、そうね。最後に射精させてもいい?」
「いいけど、精液は出ないかもよ」
「激しく食べたいのよ」
「じゃ、やってみて」
「立ってくれる? その方がやりやすいから」
オレは立ち上がる。
彼女はオレの前に座ると、パクリとペニスを頬張る。
ペニスを手で握り、ゴシゴシとしごきながら、深いフェラを始める。

●さらに詳しいことは購読してね

AD

Section-472『冬休みは自宅でエッチキャンプ(15)』

涼子と由貴が喘ぎ声を出していたのに、春海と拓己は熟睡したままだった。
春海はいつものことだが、拓己はよほど疲れていたのだろう。
彼にとっては、フェラだけの1日でも、オレのように休養日にはならないようだ。彼はどうしても射精の回数が多くなってしまうからだ。

オレは春海を起こすために、彼女の方に移動する。
彼女の股を大開きにして、ヴァギナをむき出しにする。
むっちりと盛り上がった大陰唇の間から、小陰唇のひだが覗いている。
春海のヴァギナは、巨乳と同じように小柄な体格に似合わず、存在感を誇示するかのように大きめだ。
この陰唇が強烈なヴァギナ締めを可能にしている。
オレはペニスを彼女に潜り込ませる。
「ぅんんん……」
彼女は寝ぼけて呻く。
挿入すれば反応するのは、条件反射だ。普段から、頻繁にセックスしているから、意識がなくても体が覚えている。
オレは開脚位で、ゆっくりと腰を動かし、巨乳をわしづかみにしてもみながら、彼女を攻める。

オレは春海を攻めながら、涼子と由貴にいった。
「ふたりで拓己を起こしやってくれよ」
「は〜い」
ふたりは、拓己の両側について、しぼんでいるペニスをフェラで立たせていく。
しばらくすると、拓己は目覚めた。
「ああ……、あれ? ああっ、気持ちいいっす」
オレは拓己と目が合う。
「おすっ」
「おはよっす。寝てたの、僕だけ?」
「いいや、春海がまだ寝てる」
春海は感じる声は出すものの、まだ目を開けなかった。
おそらく、半分目覚めて半分は眠っている状態。寝起きが悪い彼女は、一度起きてもすぐに眠ってしまうのだ。

●さらに詳しいことは購読してね