水着はビキニ

『体と心のセックス・ライフ』2012年10月分(Section-445〜448)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-445『夏休みはホテルで・涼子編(1)』

涼子とは平日に休みを取って、ホテルに行った。
どのホテルに行くかは、彼女にまかせた。行きたいホテルを探すのも、楽しみのひとつだからだ。
会社帰りに彼女と待ち合わせて、食事をしたあと、夜11時頃になってホテルに向かった。
彼女に連れられて行ったホテルは、前にも来たことがあったホテルだった。
「ここでいいのかい?」
「うん。ここ、気に入ってたのよね。チェックアウトの時間が遅いし」
「たしか、午後3時だっけ? 今からだと、16時間か」
「今晩、眠らなくてもいいから、ずっとつながっていたいの」
「そうはいっても、眠っちゃうと思うぞ。がんばってはみるけど」
「うん。それでいいの」
彼女は意気揚々としていた。

ホテルの部屋に入ると、オレたちはすぐに裸になる。
家に帰ったら、ます裸になる……という生活スタイルなので、裸でいることの方が自然なのだ。
涼子はオレのペニスがまだ勃起していないのを見つけると、
「食べたい」
といった。
「まだだめ。シャワー浴びてから。1日汗かいてるし、おしっこ臭いから」
「臭いは気にならないの」
「おまえがよくても、オレがダメ。綺麗にしてから」
「は〜い」
実のところ、シャワーを浴びる前に、フェラをすることはときどきある。彼女たちの欲求が強すぎるときだ。
汗や尿には、フェロモンが含まれているという。動物では知られたことだが、人間の場合にはフェロモンに鈍感な場合が多く、臭い匂い以上の反応をしないのが普通だ。
フェロモンに敏感な女性は、「男の匂い」に性的な興奮を覚える。
女性は好きな男の匂いを、好きな匂いと認識するが、嫌いな男の匂いは過剰に拒絶する。
女性は元来、匂いに敏感なのだ。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-446『夏休みはホテルで・涼子編(2)』

オレは普段から、うちの彼女たちに対して、
「愛してるよ」
と、挨拶のようにいっている。
朝、出勤前のキスのときや、夜、帰宅したときのキスと合わせて必ずいう。
愛しているから、言葉でもきちんと伝える。
これは大切なこと。
長くつきあっていれば、以心伝心でいわなくても気持ちがわかることはあるが、それでも念押しで言葉をかける。
確実に気持ちを伝えるために。
男と女には、その気持ちの確認が不可欠だと思っているからだ。

ひとこと……
「愛してるよ」

ほんの数ミリ秒の言葉が、関係を良好なものにする。
愛しあうというのは、そういう小さなことの積み重ねなのだ。
男が女に対して、女が男に対して、その小さなことをおろそかにしてはいけない。
「愛してるよ」のひとことがいえなくなったら、もはや男女の関係は終わりだ。終わりにしないために、毎日、その言葉をかける。
これが、男女関係の基本。

セックスは言葉ではなく、体で愛を伝え、確かめあうことだ。
互いを満たし、互いをつなげあって、愛を実感する。
だからこそ、素晴らしいセックスにしたい。
オレはいつも全身全霊をかけて、セックスをする。
それがオレの流儀であり、彼女たちにも求めるものだ。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-447『夏休みはホテルで・由貴編(1)』

水着はビキニ
水着はビキニ

由貴とのホテル行きは、少し遠出することになった。
彼女が海にも行きたいといったからだ。
予定を立てるのは彼女にまかせた。

行き先は江の島。
電車で1時間半くらいだ。
朝9時に家を出て、江の島についたのち、付近を散策してちょっとした観光をしたあと、海水浴だ。
行ってみてわかったが、数少ないホテルのうち、数軒はラブホテルだった(^^)。まぁ、カップルで来るようなデートスポットでもあるので当然なのかもしれない。
海はお世辞にも綺麗とはいいがたい。濁った海水なので、田舎育ちのオレは汚れた海だなーと思った。
平日の金曜日だったこともあって、人出は思っていたほど多くはなかった。
江の島をぐるりと回ったが、アップダウンのキツイ山道を歩いて、けっこう疲れた。
由貴とふたりでこんなふうに遠出するのは、考えてみたら初めてだった。
恋人というより、親子だな……と、思った。

AD

海水浴といえば、水着。
彼女はこの日のために、新しいビキニの水着を買っていた。
スタイルのいい彼女が着れば、どんな水着でも映える。まして、巨乳なのだ。男の視線を釘付けにする。
浜辺に水着姿で出ると、男達の視線が彼女に注がれているのがわかった。
どうだ! 彼女はすごいだろう。
オレは誇らしかった。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-448『夏休みはホテルで・由貴編(2)』

これを書いているのは、もう10月の末。
めっきり涼しくなって、さすがに裸のまま過ごすというわけにはいかなくなった。まだ暖房を入れるほど寒くなっているわけでもなく、エアコンは入っていないから電気代的には節約できる季節だ。
家にいる彼女たちは、上にTシャツを一枚、下はスカートかゆったりしたジャージをはいている。
もちろん下着はなし。
エッチしたくなったら、すぐに裸になれるように。

夏を思い出しながらこれを書いているが、やっぱり夏はいい。
オレも彼女たちも裸でいられる。
裸の彼女たちの方が、服を着ているときよりも綺麗だ。裸が綺麗であることは、女性にとって重要なことだと思う。
もっと寒くなって、暖房がフル回転する季節になると、部屋の中では裸で過ごせるようになる。
エアコンがいらない秋は、オレたちにとっては微妙な季節なのだ。

■騎乗位で乗り続けて
由貴はオレにまたがる。
ペニスをつまんで、自身の中に導く。
カリの先端が膣口の入口に少しだけ入ると手を離し、ストンと腰を落とす。
「あ〜ん」
ペニスは本来あるべき場所に収まった。
彼女はすぐには動かず、ヴァギナを締めたりゆるめたりする。
自身の中にあるペニスの感触を確かめているようだ。

「海は久しぶりだったけど、楽しかった?」
オレは聞いた。
「うん、とっても楽しかった。トオルさんと一緒だもん。
こういうの夢だったのよね。
彼氏と海に行くのって。
ひとりで来るところじゃないし」
「それはよかった。彼氏っていうより、父親って感じだけどね。
由貴の水着姿を、周りにいた男達が注目してたよ。
気がついてた?」
「なんとなく。
トオルさんも注目されてたよ。女性達に」
「ほんと? 変なカップルって思われたかな?」
「そうじゃないと思う。トオルさん、足が長いんだもん。海水パンツだと、長いのが際立つから、目立ってたんだと思う」
「そうかな?
まぁ、目立つカップルではあったんだろうね。
由貴はオレの自慢の彼女だからね」
「トオルさんは由貴の自慢の彼なの」
「うれしいこといってくれるね」

●さらに詳しいことは購読してね