フェラ好き

『体と心のセックス・ライフ』2012年8月分(Section-437〜440)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-437『オルタナティヴ・ラヴ/香織編(47)』

フェラ好き
フェラ好き

■フェラは何度でも
オレの愛する彼女たちは、みんなフェラ好きだ。
それも「超」がつくくらい好きだ。
男としては、女性がフェラ好きであることは、とてもうれしい。

香織も負けず劣らず、フェラ好きだ。
だから、彼女がフェラをする回数は多い。
セックスの合間は、彼女がペニスを口にしている時間がほとんど。
彼女は積極的にフェラをしてくれるから、オレから「食べて」と頼むことは少ない。
フェラをするとき、彼女は楽しそうに、ペニスを可愛がってくれる。
そんな彼女が、オレは愛おしい。

セックスに費やす時間が大部分ではあるのだが、セックスしていないときはフェラ、フェラもしていない休憩時間は短い。
睡眠時間を除けば、:休憩の時間の比率は、6:3:1という感じだろう。
回数でいえば、10回以上はしていたと思う。
一番フェラでは、射精させることが目的だから、かなり激しいフェラになるが、その後のフェラはオレを奮い立たせるためのフェラであったり、彼女がペニスで遊ぶためのフェラなので、ソフトなフェラになる。
オレはソフトなフェラが好きだ。
じっくりと気持ちよくなれるし、彼女の食べる様子を微笑ましく見ていられるからだ。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-438『図解・騎乗位のテクニック(1)』

うちの彼女たちと話をしていて、
「メルマガのテーマで、書いて欲しいことあるか?」
と、振ってみた。
好き勝手を言ってくれたが、体位のテクニックについての講座はどうかという意見が出てきた。
「じゃ、いろいろある体位の中で、初心者が難しい体位はなんだろう?」
と、問うてみた。
すると、
「やっぱ、騎乗位でしょ。最初は思うように動けなかったし」
と、みんなの意見が一致した。
なるほど、たしかにみんなも最初は苦労していた。
そんなわけで、『図解・騎乗位のテクニック』として書くことになった。

■騎乗位の場合の挿入の仕方
騎乗位の場合の、ペニスの挿入方法は、基本、3通り。

(1)男が挿入する
(2)男がペニスを支えて、女性が膣口に入るように股間を合わせる。
(3)女性が自ら挿入する。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-439『図解・騎乗位のテクニック(2)』

前回は騎乗位の「形」について触れたが、騎乗位で重要なのは「動き」である。
どう動くか、どう動けるかで、快感度は違ってくるし、主導権を持つ女性の経験値が試されることになる。

■騎乗位での動き
たいていの女性は、セックス経験が未熟な段階では、騎乗位が苦手だ。
騎乗位以外の体位では、女性は基本的に受け身で、男を受け入れる立場であるため、自分から能動的に動く必要がない。
しかし、騎乗位では女性が能動的に動かなくてはならない。
そのため、どう動いたらいいのかわからない。
立場が逆転してしまうため、戸惑ってしまうのだ。

AD

加えて、騎乗位の動きは、普段の日常生活とは違う、あまり馴染みのない動きなので、スポーツを積極的にやっていないようだったら、使うべき筋肉が鍛えられていない。
騎乗位は書いて字のごとく、馬に乗るような体位であり、その動きも乗馬に通じるものがある。乗馬の経験があると応用ができるが、乗馬経験のある人というのは限られているだろう。
ちなみに、オレと春海は、短期の乗馬教室に通ったことがあり、駆歩(かけあし)で走れるくらいは乗れる。

●騎乗位の基本姿勢での動き
基本姿勢の動きがすべての基本でもあるので、この姿勢での動きを詳細に解説していこう。
後述の体位では、基本姿勢の応用になる。

騎乗位では、女性は腰()をどう動かすか、ということになる。
この股間を動かすということを、日常生活ですることはあまりないと思う。ダンスの中には、股間をくねらせたり突き出したりするアクションもあるが、それはエロチックな動作であり、性的なイメージを連想させる。
そのため、女性は恥ずかしさを覚えるようだが、騎乗位はセックスなのだから、エロチックで性的なのは当然。

股間の動きは、基本として4つ。
(1)前後の動き
(2)上下の動き
(3)左右の動き
(4)腰の回転の動き
この4つの動きの組み合わせと連動だ。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-440『図解・騎乗位のテクニック(3)』

前号の復習も兼ねて、簡単なアニメーションで騎乗位の基本姿勢での3つの動きをもう一度。

●基本姿勢での前後の動き
前後の動きは、比較的早く習得できる。
ポイントは、股間を前後に突き出すようにすること。
注意することは、股間を動かすと、互いの接している太ももが擦れるので、そこがスムーズに動かないと、ぴったりと張り付いて動けなくなってしまう。
接触する太ももに、若干の隙間を作ることで動きやすくなるが、それが難しいようなら、接触する部分にオイルやローションを塗るとよい。
女性は自分から動けるようになると、騎乗位が楽しくなるはずだ。

うちの彼女たちを見ていると、まるで腰振りダンスをするかのように、器用に股間を動かしている。
前後、左右、回転と自在に股間を振れるので、ペニスはグリグリとこね回されて、なんとも気持ちがいい。
こね回すことで、膣の中でペニスが角度を変え、彼女たちが感じたい部分に当てられる。
高度なテクニックなのだが、日常的にやっているため自然と股間を動かせるようになっているのだ。

●さらに詳しいことは購読してね