オーガズムに昇る

『体と心のセックス・ライフ』2005年1月分(Section-73〜76)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-73 『年越しセックス(1)』

去年までは、オレと春海だけで過ごす年越しだった。
それはそれでほのぼのとした過ごし方だ。
だが、今年は盛大に年越しをすることになった。
愛友たちを招待したのだ。
合計6人。
楽しい夜にしたかった。
オレは大晦日の昼から、彼らを迎えるための準備をしていた。
パーティーといえば、食べものと飲みものは欠かせない。
6人ともなれば、けっこうな量が必要だ。
スーパーで食材を買いあさり、下ごしらえをした。
メインは鍋料理だ。デザートとお茶菓子、オレはあまり飲まないが、酒類も用意した。
ピンポーン。
「ちわーっす。Aliasです」
インターホンから声が聞こえた。最初に来たのは、Aliasとナナだった。
「開いてるよ。入ってくれ」
オレはインターホンで答えた。
「なんか、暑すぎないっすか?」
Aliasは入ってくるなりいった。
暖房がフル回転で、暑めにしてあったのだ。
それには理由があった。
玄関に入ってすぐの室内への内扉が開く。
オレと春海が出迎える。オレたちは裸だった。
「いらっしゃい。こっから先は裸になってね」春海がいった。
「おっと、いきなり、それっすか?」
「そうだよ。さっさと脱げ」オレは苦笑しながらいった。
ナナさんは笑みを浮かべて、脱ぎ始めていた。
今日は部屋に入ったら、裸になるということにしたのだ。
二人が裸になった頃、ピンポーンと再び鳴った。奈緒子だった。
彼女も、部屋の入口で脱ぐこととなった。
パーティーのメンバーはそろった。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-74 『オーガズム再び(2)』

オーガズムに昇る
オーガズムに昇る

奈緒子はバスルームでのセックスで、オーガズムに達した。
彼女にとっては、久しく忘れていた快感だったのだろう。
終わったとき、彼女は泣いた。
悦びの涙だった。
オレもうれしかった。
再び奈緒子を、オーガズムにイかせることができたからだ。
だが、それは彼女が女の悦びに再度目覚めた、前奏に過ぎなかった。
秘められていた扉は開かれ、彼女はさらなる高みへと昇っていく。
ある意味、彼女は若さを取り戻していた。
こうしたことがなければ、女であることを満たすことなく、年相応に老けていくだけだったかもしれない。
彼女の年齢からすれば、閉経はそう遠いことではない。
その前にもう一度、大輪の花を咲かせる。
今、彼女は遅咲きの蕾を開こうとしている。
オレはその蕾を咲かせてやりたかった。

(中略)

乳首を味わいながら、オレはヴァギナに指を滑らせる。
彼女は再び濡れていて、ねっとりと温かい愛液を溢れさせていた。
クリトリスは硬く大きくなって、その存在感を主張していた。
奈緒子のクリトリスは、オレが経験した女性の中でも、大きい方だった。触ればすぐにそれとわかるほど、クッキリとしている。
指で突起を転がすと、彼女からより大きなため息がもれる。
「あはぁぁ……」
「いいねー、その声は好きだよ。もっと感じて」
「ああぁぁ……」
彼女は態度で応えた。
オレはクリトリスの感触を楽しむようにして、乳首の突起とクリトリスの突起を当時にいじり続ける。
「はぁ……はぁぁ……はぁぁぁ……」
彼女の感じ方のボルテージが上がっていくのがわかる。
やがて、
「トオルくん……来て……」
と彼女は催促した。
オレは彼女の股の間に下半身を割りこませる。
両手を彼女の脇について上体を浮かせ、オレの股間を彼女の股間に密着させる。
ペニスの先端が、彼女の股間を滑る。
軽くつついて、ヴァギナの割れ目を探り当てる。
カリが割れ目に挟まれる感覚。
その先にある穴の感触が、ペニスから伝わってくる。
オレは腰をゆっくりと迫りだして、彼女の中に入っていく。
入るときの圧迫感と、ヌルッとした摩擦が心地いい。
「ぁはぁぁ——」
挿入感に彼女が間延びした声を上げる。
オレは一番深くまで挿入したまま上体を下げ、彼女の胸に密着して抱きしめる。
彼女もオレの背中に手を回して、抱きしめ返す。
「こうして抱きあう一体感が好きだよ」
「うん……私も……」
「足を絡めて、もっと密着して」
彼女は開いた足を、オレの太股あたりで交差させて、下半身を締めつける。
「もっときつく」
彼女がさらにオレを締めつける。
「いいよ。この密着感は」
「うん……」
オレはゆっくりと腰を動かし、深いところをさらに深く突く。
ペニスの先端が、彼女の子宮口を押す。
その感触は鈍くてわかりにくいが、突き当たりの壁に当たっていることはわかる。
「あぁ……いい……」
「どんな風に?」
「あぁ……グイグイ、押されるのが……ぁあ……」
オレは彼女を強く抱きしめて、ペニスをググッと押し入れる。
「ああ……こういうの、あなた以外にはなかったわ……ああ……」
「大きいのはいいだろう?」
「うん……ああ……もっと強く……」
彼女は絡めた両足を、グイグイと締める。
「いいねー、この締めつけ感はたまらないよ」
オレは彼女と一体になっていることで満足だった。
射精感への欲求は薄く、ただ彼女の中に入っているだけでよかった。
オレたちは一つになったまま、互いの温もりと抱擁感に浸っていた。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-75 『初めてのヌード撮影<理恵>(1)』

「私の写真を撮ってくれませんか?」
ある女性からこんなメールをもらった。
メルマガ「女の気持ち・男の気持ち」で、オレの撮ったヌード写真をときどき公開していて、それを見てのメールだった。
被写体になってくれる人を募集していたわけではなかったが、春海が「撮ってくれるよ」などと書いていたので、触発されたのだろう。
ともあれ、せっかくの申し出なので、彼女と連絡を取ることにした。
彼女は理恵さん(仮名)。
横浜に住む、26歳のOLだという。
撮影の前に、一度彼女に会っておきたくて、年末の休みになった29日に出かけた。
待ち合わせ場所は双方の中間点ということで、渋谷にした。
指定した茶店に現れた彼女は……
とても真面目そうで可愛い娘だった!
オレの予想とは違っていた。もっと擦れた女性を想像していたのだ。
実際に会って撮影の打ち合わせをして、1月9日に撮影することになった。
これはそのときのドキュメントである。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-76 『年越しセックス(2)』

年越しパーティーは、いよいよクライマックスを迎えようとしていた。
新年へのカウントダウンだ。
彼女たちはアルコールを飲んでいることもあって、かなり上機嫌だった。
陽気で、積極的で、そしてエロティックになっていた。
時計を見ながら、オレとAliasは彼女たちに挑んでいた。
5分前になると、電話で117をダイアルする。
無機質な声が、刻々と時刻を告げていく。
1分前……
30秒前……
ピッピッピッ
ポーン
午前0時
「ああ! あははぁ――!」
「あはっ! やったー!」
歓喜の声が上がった。

■花と蜜蜂のように

AD

たくさん食べて、たくさん飲んで……飲んでいたのは女性たちだが……いよいよ新年まで30分になった頃。
そろそろ年越しセックスの時間となった。
オレと春海は毎年やっていることだった。
除夜の鐘が鳴る頃からセックスを始めて、カウントダウンのゼロで、クライマックスを迎えようというものだ。
今年はみんなを呼んだので二人だけではない。
仲間がいるだけでも楽しい年越しだが、みんなで裸になって過ごす年越しだ。
当然、年越しセックスも盛りあがる。
ただし、男2人に対して女4人だ。
数が合わない。
くじ引きするのも考えたが、それでは意外性がなくてつまらない。
誰と誰が相手になるか、直前まで決まっていない方がいい。
みんなで楽しみたかったのだ。

「さて、そろそろ準備しようか」
オレはいった。
おしゃべりしていた女たちが会話を中断した。
「テーブルと椅子を壁際に寄せて、広くしよう」
片づけが始まった。
テーブルの皿や菓子類を台所に下げ、オレとAliasがテーブルを持ちあげて部屋の壁際に寄せる。椅子は女たちが廊下に運んだ。
リビングの中央が広くなった。
「君たちは真ん中に。四つん這いになって」
オレは女たちに指示した。
女たちは四つん這いになり、横一列に並んだ。
「そうじゃなくて、向きあうようにして」
オレは端にいた涼子をお尻を移動させて、ナナと向きあうようにした。さらに奈緒子のお尻を移動させて春海と向きあわせる。4人が中心点で顔を向きあわせる。
四つん這いになった彼女たちが、十字型に並んだ。
「うほほー、なんかいい眺めっすね」
Aliasは並んだ彼女たちにいった。
「おまえはそっち」
オレは春海の後ろについて、対角線上の奈緒子を指さした。
Aliasは奈緒子の後ろに膝立ちになった。
並び方はこんな感じだ。

●さらに詳しいことは購読してね