3人で……

『体と心のセックス・ライフ』2004年1月分(Section-25〜28)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-25 『ラブホテル Part-1』

3人で……
3人で……

誰が命名したのか“ラブホテル”というのは、怪しくも甘美な響きがある。
ホテルは昔からあったが、セックス目的でホテルに“休憩”するという発想は、愛の形やセックスのスタイルを大きく変えた。
そもそもラブホテルが一般的になったのは、1970年代だという。
当初は、“プロ”の女性を相手にして、その場所としてホテルが使われていた。やがて、1980年代になって、“普通”の女性をともなってホテルに行くようになり、ラブホテルの原型ができた。
世代によって、ラブホテルに対するイメージが違う原因は、このへんにある。
ケバケバしいイメージだったラブホテルも、普通の男女が利用するようになって、利用しやすいファッショナブルなものに変化した。
料金的にリーズナブルで、それでいて豪華なホテル並の部屋となっているラブホテルも少なくない。
多くの人が、日常的なセックスは自宅でしていると思う。
しかし、たまには雰囲気を変えて、ラブホテルで過ごすのも、セックスライフを充実させる、ひとつの方法なのである。

ラブホテルは「ラブホテル」と看板を掲げているものは少なくなった。
ただの「」あるいは「ブティックホテル」などとなっていても、いざ、入るとなると勇気がいる。日常的にラブホテルを利用していれば、なんということはないだろうが、たまに行く者にはそれなりと覚悟と度胸が必要だ。
彼女を連れてラブホテルまで行き、入口の前で躊躇するのは格好が悪い。周囲の目が気になるのは事実だが、思いきって入っていくしかない。
12月26日。
1日遅れのクリスマスを、ラブホテルで過ごすことにした。
ラブホテルは二度目だった。
前回は春海と二人で。今回は春海と涼子の二人を連れていた。
そのラブホテルは、人通りの多い繁華街にあった。嫌でも他人の目に触れるような場所だ。正直なところ、オレはかなり意識していた。涼子はかなりドキドキしていたそうだが、オレも平静を装ってはいたが緊張していたのだ。
しかし、足を止めることなく、さっさとホテルに入った。中に入ってしまえば、他人の目は気にならない。
……と、思ったのも束の間、先客のカップルがフロントにいた。
なんとなくバツが悪い。オレたち3人と、カップルとの間に、視線が交錯した。先客の男性は、オレが二人の女性を連れていることに、一瞬、目を丸くしたようだった。
だが、お互いに関係ないと、無関心に振る舞う。
カップルがチェックインを済ませ、エレベーターに消えた。
オレはチェックインをする。部屋のキーをもらい、3人でエレベーターに乗った。
エレベーターを降りると、部屋番号を確認しつつ廊下を歩く。
そして、部屋へと入った。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-26 『ラブホテル Part-2』

(前回までは……)
ラブホテルは利用しやすくなった。
イメージも良くなり、内装や設備も充実したものが多くなった。ホテルというよりは、レジャー施設としての楽しみ方ができるものさえある。
今回オレたちが行ったラブホテルは、そんな新しいラブホテルの一つである。このホテルはカップルだけを対象としているのではなく、グルーブで利用することが可能な部屋まである。家族連れやパーティーなどでもできるようになっているのだ。
オレたちが泊まった部屋も、二人以上で泊まれるようになっていて、広い部屋に広いバスルームが特徴だった。
オレ、春海、涼子の3人は、ゆったりとバスルームでの時間を過ごしてから、いよいよベッドでの時間を過ごすことに……。
オレは持ってきたバイブを取りだし、春海と涼子に同時バイブ攻めを始めた。
二人とも燃えていた。
特に涼子は、早くもオーガズムに達しそうな勢いだった。
いよいよクライマックスを迎えそうになって……

●さらに詳しいことは購読してね


Section-27 『男が女に求めるもの』

「いい女」といういい方がある。
なにが“いい”のかは、人それぞれで好みの分かれるところだが、男にとって“いい”部分があれば、「いい女」になる。
「いい女」の条件とはなんだろう?
、スタイルがいい、足が綺麗、胸が大きい……といった外見的なこと。話が面白い、性格がいい、表情がいい、女の子らしい、気がきく……といった内面的なこと。そして、セックスして楽しい相手、抱きたい女、感度のいい女、飽きない女……などといったセックスに関すること。
これは女性だけに限ったことではないが、3つの要素がバランス良く含まれていれば、「いい女」になる。
ただ、一般的に平均点であっても、それがイコール「いい女」にはならない。ある男にとって「いい女」は、平均点ではないどこかに強く惹かれる部分があるものだ。
しかし、男の求める女性像は、おうおうにして男の欲求が優先されていることであることも確かだ。
そんな男の勝手な言い分を書いてみよう。

■外見的な要素

ルックスの要素は、一番最初に印象づけられることもあって、大きな条件の一つだろう。
自分のことは棚にあげて、女性には見た目の良さを求めるものだ。
実際、オレがこれまでにつきあってきた女性達は、見た目も平均点以上だった。女性が美形の男性に憧れるように、男も美しい女性に安心と充足感を覚える。
これは遺伝子のなせる技……と、生殖本能の賜でもある。
美人でスタイルがいいということは、いい遺伝子を持っているというサインである。セックスが生殖本能に突き動かされるものである以上、遺伝子を選択することが「いい女」を選択することになる。

女なら誰でもいい……という人もいるかもしれないが、たいていはなんらかの選択をするはずだ。世界に女性が一人しかいないわけではなく、男とほぼ同数の女がいる。巡り会えるのはわずかでも、選択の余地はあるのだ。
動物でも好き嫌いはある。複数のオスとメスがいれば、ペアになる選択をする。動物の世界は、基本的に多妻多夫なので、特定の相手というわけではない。一匹のオスが多くのメスを囲うハーレムを形成していても、メスはボスのオスに限定されているわけでもない。ハーレムから弾きだされた別のオスと交尾するメスもいるのだ。
以前にも書いたことだが、一夫一婦というのは、生殖本能からはデメリットなのだ。より多くの相手と交尾した方が、自分の子孫を残せるチャンスが増える。オシドリ夫婦の代名詞ともなっているオシドリでも、複数の相手と交尾する。それが自然の摂理である。

●さらに詳しいことは購読してね

AD

Section-28 『フェラの仕方』

口紅を塗り、唇を赤くするのは、口をヴァギナに見立てたのが始まりだったという。古代フェニキアや古代エジプトでのことだ。
なぜ、口紅を塗るのかといえば、当時の娼婦がオーラルセックスのプロを誇示するため、唇をヴァギナ(大陰唇や小陰唇)に似せて赤く塗ったという説がある。
現代では、そうしたルーツは忘れ去られ、女性の多くが口紅を化粧の一つとして日常的に施している。
誰かが最初にフェラチオを始めたわけだが、古くから行われてきたことは事実である。最近では、フェラを嫌がる女性は少なくなったとされているが、まったく経験のない女性や男性もいるだろう。
フェラで快感を得るのは男性の方だが、フェラをする女性にも楽しみ方はある。前戯や後戯での楽しみ、あるいは男性を奮い立たせるために、フェラは効果を発揮する。
フェラをする女性の側から、フェラについて語ってもらおう。
以下の本文は、春海と涼子の対談となっている。

■フェラを初めてしたとき

【春海】まず、初めてフェラしたときのことについて書こうか。
わたしは、もうずいぶん前のことなので、ちょっと曖昧なんだけどね(^^;)。
でも、ぜんぜん嫌じゃなかったよ。たしか、トオルに「舐めてみて」っていわれたんだけど、「はい」ってすんなり舐めたよ。
【涼子】わたしは興味はあったので、してみたかったの。どんなんだろうって。だから、わたしもぜんぜん平気だったな。
実物のペニスを見たのは初めてだったけど、トオルさんのは嫌らしく感じなかったな。なんの抵抗もなく、舐められた。むしろ、面白かった(^^)。
【春海】口に中にすっぽり入れられるまでに、ちょっと苦労したかな。トオルのは太くて長いので、とてもじゃないけど、全部は入らないからね。最初の頃は、よく歯が当たって痛がられた(^^;)。歯が当たらないようにするのがたいへんよね。細ければもっと楽なんだろうけど。
【涼子】それはあるね。太いと口を目一杯開けなくちゃいけないし、大きく口をあけてると、顎が疲れちゃうから。
でも、もう慣れた。初めのうちは、ずっと口の中に入れてなくちゃいけないと思ってたけど、適度に抜いたりして緩急をつけることを学んだから。
【春海】そうそう。涼子ちゃんは上手くなったよね。わたしはその緩急のタイミングが下手なのね。だから、なかなかトオルを射精させられないの。10年もトオルをフェラしてても、まだ苦手だわ。
【涼子】教えてくれたのは、春海さんとトオルさんなので、先生が良かったんだと思う。あと、わたしは春海さんよりも口が大きいからかな(^^)。
【春海】トオルはフェラされるのが好きだから、こっちも楽しいよね。とっても気持ちよさそうだもん。
【涼子】うんうん(^^)。トオルさんが感じてるときに出す声って、セクシーだな。わたしがトオルさんを気持ちよくさせてるんだ……って思うと、うれしくて興奮しちゃうの。
【春海】勃起する前とか、射精したあとの、小さくなってるときのほうが、フェラはしやすいね。すっぽり根元まで口にはいるから。
【涼子】それで舐めてると、どんどん大きくなるのが快感なのね。
【春海】口の中で大きくなるのは面白いね。ムクムクムク……って、すぐに口の中が一杯になってしまう(^^;)。3倍くらい大きくなるよね。小さいときは可愛いのに(^^)。
【涼子】大きくなっても、可愛いと思うな。トオルさんのはカリがピンク色で色も綺麗だし、あんまりグログロしてないと思う。
【春海】それはあるね。たとえば……
(ここで海外のエロサイトにアクセスして、性器のモロだし画像を二人で見る)
【春海】やっと出てきた(^^;)。海外のエロサイトって、すごい露骨なんだけど、広告が多くて、なかなか中身が見られないんだよね。
外人さんだからってのもあるけど、これなんか、すごいグロテスクじゃん。色は黒くって、ゴツゴツムキムキなんだもん。こういうのは、ちょっと引いちゃうな。
【涼子】わたしも同感。こういうの巨根っていうんだろうけど、大きさとしてはトオルさんのが限界かな。もっと太かったら、口に入らないと思う。やっぱり、トオルさんのは大きさといい形といい色といい、とっても可愛いわ(^^)。
【春海】そうだね。カリはくっきりくびれてるし、理想的なペニスかも(^^)。
【涼子】うんうん、わたしもそう思う。トオルさんでよかったな。
【春海】フェラを経験する前と、初体験したあとで、違ってたことってあった?
【涼子】思ってたよりも、大きかったこと(^^)。あとで、トオルさんが平均よりも大きいんだってわかったけど。
あとは、味かな。味については想像の範囲外だったわ。
【春海】精液の味ね(苦笑)。あれは不味いよね。ぜんぜん美味しくない。でも、呑んじゃうのよね。吐きだす人も多いらしいけど、わたしたちは呑んじゃう。
【涼子】うん、せっかくトオルさんの精液なんだし、呑まないと損しちゃう感じ。でも、精液の味は毎回、微妙に違うのね。苦くないこともあって、そういうときは呑みやすい。
【春海】そのへんは、体調とか頻度に関係してるみたいよ。量が多いときは、味も濃いよね。
【涼子】それに呑んじゃうと、トオルさんも喜ぶから、呑んであげたくなってしまう。それと、射精前のお汁……カウパー腺液っていうらしいけど、これは美味しいと思う。ちょっと塩気があって、甘酸っぱい感じで。
【春海】トオルがわたしたちをクンニしてくれるときも、愛液が美味しいっていうよね。女性の場合には、バルトリン腺液というけど。
【涼子】あと驚いたのは、射精のときにビクンビクンって痙攣がすごいこと。深く入れてると、喉の奥をつつかれるので、吐いちゃいそうになった(^^;)。これは要注意よね。射精しそうになったら、浅くしておかないとやばい。
【春海】射精の瞬間って、フェラをしていて報われる瞬間よね。「やったー!」って感じで。

●さらに詳しいことは購読してね